【レポート】5月18日 在宅ワーカー育成セミナー<入門コース>(さいたま市)

  • 日 時:2016年5月18日(水)10:00~11:45(相談会 12:15~13:00)
  • 会 場:埼玉県男女共同参画センター「With You さいたま」4F セミナー室
        (埼玉県さいたま市)
 5月18日(水)、「さいたま市 在宅ワーカー育成セミナー<入門コース>」が開催されました。これから在宅ワークをはじめたいと思う方、在宅ワークに興味のある135名の女性が、「With You さいたま」に集まりました。

講義「在宅ワークをはじめるにあたって」   講師:株式会社キャリア・マム 堤 香苗氏

 主催者である埼玉県の開会の挨拶に続いて、株式会社キャリア・マムの堤講師より、在宅ワークには興味があるけれど、いったいどういったことをするのか分からない、またどうやってはじめたらよいのか分からない、そういった在宅ワークビギナーのために、基礎の基礎からの説明が行われました。
 堤講師が代表取締役を勤める株式会社キャリア・マムは、それぞれの家族や個人の事情に合わせ、しなやかで斬新な働き方を作りたいと20年以上前に設立された会社です。「パソコンやインターネットを活用すれば、自宅で、自分の好きな時間で、自分の得意なことで仕事ができます」と話す堤講師。
 そういった経験を踏まえ、そもそも在宅ワークとはいったいどういったものなのか、どういった業務があるのか、また、安全で安心な発注業者を見つけるにはどうしたらいいか、実際に在宅ワークを行う上での心構えなどといった、すぐに役立つ話がされました。

 育児や介護などのために、今すぐには外に出られず在宅ワークをしてみたいという方、在宅ワーカーとして独立し、積極的に働いていきたいという方など、集まった方はさまざま。みなさん、講義に真摯に耳を傾けていました。
 セミナールーム隣には親子ルームが設置され、17組の親子がリアルタイムで映像配信にてセミナーを視聴しました。
 子どもが小さく外では働けないけれども仕事をしたい、仕事を通じて社会とつながっていたいというお母さんにとって、在宅ワークはぴったりの働き方。お子さんをあやしながら、ときにはメモを取り、セミナーに聞き入っていました。

パネルディスカッション「在宅ワークセミナー活用術!~先輩受講生トークライブ」

 次に、堤講師の進行により、昨年度の在宅ワークセミナー<実践編>を受講した2名の修了生、相馬さんと佐藤さんを迎えてのパネルディスカッションです。

 相馬さんは、昨年度、実践編の「中核人材育成コース」を受講。昨年度行われた在宅ワーカー交流会に参加し、前年度にセミナーを受講した先輩ワーカーの話を聞いたことにより、「自分もいつかチームを組んで仕事をしていきたい!」と思ったことが、中核人材育成コースの受講のきっかけだったそうです。
 現在は、システムエンジニアだった経験を生かし、エクセルでのアプリ作成や、調査データの検品、マネージャーの補佐業務、サイト調査など、幅広い業務を手がけているとのこと。

 一方、佐藤さんは、一昨年度の実践編「在宅コールセンターコース」を受講していました。
 それまでは事務職などの会社員を経て専業主婦だった佐藤さん。お子さんと訪れた児童館で在宅ワークのチラシを見つけ、社会復帰をしたいと思ったことが受講のきっかけだそうです。「在宅コールセンターコース」では、在宅ワークについての全般的な知識や、顔が見えない中でのコミュニケーションのコツを学ぶことができたとのこと。
 現在は、調査員への電話研修を担当したり、調査データの検品などを行っているそうです。  「在宅ワークには納期があるので、本当に忙しいときは寝る間も惜しんで業務をしています」と相馬さん。お子さんを寝かせたあと、真夜中まで業務を行うときもあるそうです。しかし、全てやり切ったあとの達成感、取引先の「ありがとう、助かりました」という言葉を聞くと、「在宅ワークをやっていてよかった」と感じるとのこと。また、家で仕事をしているため、学校などから帰ってきた子どもたちの「ただいま」という元気な声を聞けることが一番うれしいと話されていました。

 佐藤さんは約1年前から実際に在宅ワークを開始したので、まだ時間の管理や業務のペースをつかむのに慣れていないそうです。この時間までには終わるだろうと思っていた業務が遅くなってしまい、慌てて家事をすることも。しかし、在宅ワークを通してさまざまな人と会えることが刺激になり、また勉強にもなっていると話す佐藤さん。受注先の会社は母親としての先輩も多いため、仕事面でも、主婦としても、いろいろと学ぶことがあるそうです。「大変なこともありますが、とても楽しいです」とおっしゃっていました。

今年度の講座紹介

 この後、平成28年度在宅ワークプログラムの紹介がありました。プログラムは全て参加費無料、託児もあります。
 「スタートアップコース」は、在宅ワークをはじめてみたいけれど長期間の「スキルアップコース」の受講は難しいといった方向けのプログラムです。3日間の集合研修に加え、2カ月間のOJTに参加することにより、自宅で在宅ワークが行えるようになります。
 一方、在宅でしっかり働いていこうという方を強力にバックアップするコースが「スキルアップコース」です。「ライティング基礎コース」、「WEBスタートコース」、「音声起こしコース」、「在宅秘書コース」、「チラシ制作・画像編集コース」の5コースと、自宅のパソコンを使用してEラーニングにて学習する「ライティング応用コース」の計6コースで、すぐに業務に使える実践的なスキルを磨くことができます。
 スタートアップコース、スキルアップコースともに、オンライン上でチューターがつくため、プログラム中に疑問に思ったことや不明な点を質問することができます。堤講師より各コースの詳細や、申込み方法など詳しい説明がありました。
 ほかにも、仕事がしたい在宅ワーカーと、仕事をしてほしい企業とをつなげる「ビジネスマッチング交流会」、埼玉県各地で行われる入門編の開催のお知らせもありました。

在宅ワーク相談会

 セミナー終了後には「在宅ワーク相談会」も開催されました。堤講師、パネリストの相馬さんと佐藤さん、株式会社キャリア・マムの在宅マネージャーも参加しました。  参加者の方々は、在宅ワークについて知りたいことや疑問に思っていることなどを、現役の在宅ワーカーとじっくり話をすることができました。相談会に参加し、勇気をもらったと感じた方たちも少なくなかったようです。

参加者アンケートより

  • 実際に働いている人の声が聞けてよかったです。
  • 全くの初心者にも分かるように説明してくれたのでありがたかったです。
  • 在宅ワークの入り口として、知らなかったことを知ることができました。
  • 自分のことを考える第一歩となりました。
  • 相談会のおかげで在宅ワークへの不安がなくなりました。
  • 相談会では、同じグループの方々が私が気付かなかったことを質問してくださって、とても参考になりました。

在宅ワーカー育成セミナー「入門コース」は、今後も開催されます。
日程をご確認の上、ぜひご参加ください。


在宅ワーカー育成セミナー「入門コース」詳細&お申込みはこちら


Webからのお問合せ