【レポート】12月12日(月)在宅ワーカー交流会(さいたま市)

  • 日 時:2016年12月12日(月)10:00~12:00
  • 会 場:埼玉県男女共同参画推進センター「With You さいたま」4F
        セミナー室(埼玉県さいたま市)
12月12日(月)、「在宅ワーカー交流会」が開催されました。現役在宅ワーカーの方や、これから在宅ワークを始めたい方など45名の女性が、「With You さいたま」に集まりました。

ミニセミナー「在宅ワークの心得」 講師:株式会社キャリア・マム 堤 香苗氏 

はじめに、株式会社キャリア・マム 代表取締役 堤社長による挨拶と、これまで交流会に3回出席した方へのプレゼント贈呈がありました。この「在宅ワーカー交流会」は、毎回受付で押すスタンプが3つ集まると、埼玉県女性キャリアセンターからのプレゼントがもらえるというお楽しみつき。みなさんもぜひスタンプを集めてくださいね。

このあと、堤社長によるミニセミナー「在宅ワークの心得」がスタートしました。今回の交流会に参加している方たちは、入門コースやスタートアップコースなど、本事業で行っているセミナーに参加している方もいれば、イベント参加自体が初めての方、もちろん在宅ワークベテランの方もいらっしゃいます。在宅ワークを行う上で共通しておさらいしていただきたい注意点について、堤社長からお話がありました。

「何事も失敗はつきもの。在宅ワークでも同じです。むしろ失敗した方がいいと言えます」と、堤講師。発注者との認識が違うのか、自分のスケジュール管理がよくないのかなど、「何が自分と合わないのか」をあぶりだすことができるからだそうです。「うまくいかなかったことがあると、次に気をつけるべきところがわかります。同じ失敗を繰り返さないために改善をするようになりますから、失敗を恐れずに仕事にチャレンジしてください」という堤講師の言葉に、参加者のみなさんも頷いていました。

このあと、さまざまなトラブルシューティングについて講義がありました。

フリータイム

ミニセミナーが終わると、フリータイムです。まずはテーブルごとに自己紹介を行いました。その後は、参加者同士情報交換をしたい人、名刺を作りたい人、在宅ワーク体験をしたい人、と、スペースを区切り、各自で自由に行き来しながら過ごしました。
毎回人気の名刺作成コーナーでは、名刺ソフトを使って自分で名刺を作る人と、あらかじめ希望者に配布した注文カードに沿って名刺を作成するスタッフが座り、パソコンとプリンタがフル回転していました。「初めて自分の名前が入った名刺を持ちました」「同じソフトを家のパソコンにインストールしてやってみます」という声が聞かれました。ひとつ作ってみることで、自分が作りたい名刺のイメージも沸いてくるようです。

在宅ワーク体験コーナーでは、音声起こしとライティングを体験することができました。音声起こし体験では「これは実際どれくらいかけて起こせるものですか」「打つスピードが遅いのですが、これでも仕事になるのでしょうか」など、体験後に積極的に質問をされる方が多かったようです。

ライティング体験では、「70~80文字で、決まったキーワードを使い、指定されたページの紹介文を作る」という課題に取り組みました。キーワードに振り回されて文章が崩れてしまったという方や、「日本語って奥が深いですね」と手ごたえを感じている方がいらっしゃいました。

このほか、在宅ワーク全般について話したいテーブル、Web制作について話したいテーブルなどテーマを決めて情報交換が行われました。それぞれのテーブルに在宅マネージャーが入り、最近の仕事の動向や、悩みごとの共有など、活発な意見交換が行われました。

参加者アンケートより

  • 実際にやってみて大変なこと、必要なことなど、働いている人の生の声が聞けてよかったです。(50代)
  • 初心者でも参加してよかったと思いました。(30代)
  • 交流タイムで、デザイン系の方とお話しができて、よかったです。(30代)
  • 在宅ワーク時事ニュースを解説して頂きためになりました。(40代)
  • 子育て中の方から具体的に話を伺えて、イメージがわきました。(30代)
  • 実際に働かれてる方の話を聞いて、これからどんなスキルが必要か、わかりました。(50代)

「在宅ワーカー交流会」は、今後も開催されます。日程をご確認の上、ぜひご参加ください。

イベント開催予定はこちらから


Webからのお問合せ