【レポート】ビジネスマッチング交流会(さいたま市)

  • 日 時:2017年1月27日(金)13:30~16:30
  • 会 場:埼玉県男女共同参画推進センター「With You さいたま」4F セミナー室(埼玉県さいたま市)
1月27日(金)、「ビジネスマッチング交流会」が開催されました。このイベントは、在宅ワークをしている女性が、発注企業と直接会って話せる交流会。66名の在宅ワーカーが、企業とのお仕事マッチングのために「With You さいたま」に集まりました。

在宅ワーク特別講座「確定申告セミナー」講師:中央税務会計事務所 中島 由雅氏

キャリア・マム宮川氏の司会進行で、税理士 中島先生による「確定申告セミナー」が行われました。

中島先生から、確定申告が必要な人と必要でない人の話がありました。確定申告が必要な人は、2か所以上で給料をもらっている人や、在宅ワークの売上から経費を引いた差額が20万円を超える場合などが該当します。
また、年の途中で退職をして、その後就業していない人は申告が必要になるそうです。

一方、確定申告が必要ない人は、1か所の給料で年末調整が済んでいる人です。ただし、在宅ワークの所得が一定額を超えている人は申告が必要になります。遺族年金、失業手当をもらっている人は、非課税の収入なので確定申告をしなくてよいそうです。

ほかにも、開業届や青色申告の提出方法や、マイナンバーの記載の仕方など、詳しい説明がありました。

「人生は何があるかわかりません。今は働くことに対して障壁や、不都合があるかもしれませんが、何がきっかけで、どう仕事に繋がっていくか、どう自分が輝いていくかはわかりません。多くの経験が自分の財産になるので、積極的に行動に移して欲しいです」と、中島先生は話していました。

出展企業インタビュー

続いて、宮川氏の進行により、出展企業20社の紹介が行われました。
「納期や諸条件の相談にも柔軟に対応できます」「ブランクの長い方や、経験があまりない方でもマッチした仕事を提供できます」など、様々なお仕事の紹介がありました。

出展企業の一部をご紹介します。(敬称略)

株式会社メディア・ファイブ
学校向けの教材を提供している、教育ソフトメーカーの会社です。コンテンツや電子書籍の企画制作の仕事に関わりたい方を募集しています。資格や語学のスキルを活かして、既に多くの在宅ワーカーが活躍しているそうです。

アコーダー・ビジネス・フォーム株式会社
各種帳票類を中心に、パンフレットやポスター等の印刷物全般を取り扱っている企業。イラストレーターを使用して、印刷データの作成ができる方を探しています。

株式会社エム・ポロニア
レディースファションのネット通販を展開している会社。商品画像やキャッチコピーの編集、ページ登録の仕事ができる方を募集しています。興味があれば未経験の方でも歓迎だそうです。

コミネ設計
建築業界にて、鋼製建具の設計図を作成しています。建築図面が理解でき、CAD操作の経験や、建築関係の業務経験がある方を探しているとのことです。

アイメディアジャパン株式会社
通販サイトやコーポレートサイトを制作している企業。WEB制作ができる方を募集しています。場所や時間にとらわれない働き方を目指しているそうです。

先輩ワーカーからのアドバイス

出展企業の紹介の後に、昨年度の「中核人材育成コース」受講生の相馬さんから、参加者のみなさんへアドバイスがありました。

在宅ワーカー歴丸2年の相馬さん。ビジネスマッチング交流会には過去に8回参加して、5社以上の企業と仕事をした経験があります。
「企業と話す機会を増やして、経験を積むとよいと思います。毎回、反省と勉強を繰り返しながら自信につなげていくことが大切です」と自らの経験を語る相馬さん。
初めて参加したときは、とても緊張していて、ビジネストークと言われても何を話したらよいかわからず、スタッフにアドバイスを受けながらブースを回ったそうです。

「ビジネスマッチング交流会は、仕事を受注することだけが目的ではありません。名刺交換をして人脈を広げたり、知らないことがあったら積極的に調べる習慣を身につけたりして、自分の強みを磨いていってください」と力強く話していました。

フリータイム

 企業PRのあとは約1時間20分のフリータイムとなり、在宅ワーカーのみなさんが各企業ブースを回りました。また、「お仕事情報」という形で、各企業の求人情報もスペースの一角に貼り出されました。在宅ワーカーのみなさんは、各企業ブースを訪れ、積極的に自己PRをしていました。

 また、初めて参加をした在宅ワーカー20名に向けて「見学者向けオリエンテーション」が行われました。スタッフの進行で、1人ずつ簡単な自己紹介と不安に感じていることを聞いたところ「初めての参加で、在宅ワークの経験も浅く自信がありません」といった声が多く挙がりました。

そんな参加者のみなさんに対し、「今年度のスキルアップコース受講生は、業務に使える専門的なスキルを身につけたことに自信を持つこと。また企業が求めているスキルは様々なので、まずは話を聞きに行って欲しいです」と答えるスタッフ。

「出展している企業は、在宅ワーカーの活用に積極的なので、自信を持ってPRしてきてください」と参加者の背中を押していました。

ほかにも、ポートフォリオの展示ブース、税理士 中島先生の相談ブースがありました。セミナーでは聞けなかった、税金や経費について個人的な質問ができ、悩みを解消できたようです。

参加者アンケートより

  • 正社員時代を含めて、こういった形で多くの企業の方と話すのは初めてでした。(40代)
  • 初めての参加者のために、別途説明の時間を設けて下さってよかったです。(30代)
  • 直接企業の担当者と話ができて、今後も安心して仕事ができそうだと思いました。(40代)
  • 中島先生に確定申告でわからなかったところが聞けて助かりました。(40代)
  • ブースを回る前に先輩の話がきけてよかったです。(40代)
  • こまめにスタッフが声をかけてくれて励みになりました(50代)
  • 他の地域でもやってくれるとうれしいです(50代)
  • 中島先生のマイナンバーの話がとても参考になりました(30代)
 在宅ワーカーのみなさんと企業、また、参加していた在宅ワーカー同士でも名刺の交換をするなど、イベントは盛況のうちに終了となりました。

 今後も、在宅ワーカーのみなさんが企業と出会うマッチングイベント「ビジネスマッチング交流会」を開催する予定です。日程を確認の上、ぜひご応募くださいね。

イベント開催予定はこちらから


Webからのお問合せ