ホーム > 在宅ワーカー向け > セミナー&イベントレポート

2018年12月4日 在宅ワーカー育成セミナー<入門コース>(戸田市開催)

  • 日 時:2018年12月4日(火)10:00~12:00(グループ相談会 12:00~13:00)
  • 会 場:戸田市文化会館 301会議室(埼玉県戸田市)
  • 主 催:戸田市・埼玉県
【参加者】68名
【当日のプログラム】
  • 主催者あいさつ
  • 講義「在宅ワークの基本ポイント」 講師:宮川 祐佳里氏
  • 先輩在宅ワーカーによるパネルディスカッション パネリスト:畔見さん、高野さん
  • 在宅ワークに関するグループ相談会
  • 12月4日(火)、「戸田市 在宅ワーカー育成セミナー<入門コース>」が開催されました。これから在宅ワークを始めたいと思う方、在宅ワークに興味のある方68名が、「戸田市文化会館」に集まりました。

    主催者あいさつ 戸田市 環境経済部 経済政策課 副主幹 北田氏

    戸田市経済政策課 北田副主幹から開催にあたってあいさつがありました。 「インターネットの普及により、現在はパソコンがあれば仕事ができる時代。今日のセミナーが在宅ワーカーという働き方について理解を深めるきっかけになれば」と話していました。

    講義「在宅ワークの基本ポイント」 講師:宮川 祐佳里氏

    はじめに、宮川講師より在宅ワークを始めるにあたって知っておきたい基礎知識について講義がありました。
    在宅ワークは、自分の都合に合わせて仕事ができるというメリットがあるものの、顔を見ながら仕事をするわけではありません。そのため、基本的なビジネスマナーやパソコン・インターネトを活用できるスキルに加え、コミュニケーションスキルが必要になります。
    自身も在宅ワーカー出身という講師による実体験も踏まえた話に、うなずきながら話を聞く受講者が多く見られました。

    先輩在宅ワーカーによるパネルディスカッション

    次に、過去に埼玉県・在宅ワーカー育成セミナー スキルアップコースを受講し、現在在宅ワーカーとして活躍している、畔見さんと高野さんを迎えてパネルディスカッションが行われました。
    結婚をきっかけに、データ入力をメインとして在宅ワークを行っている畔見さん。介護をはじめ家族のことに時間がとられても自分で働ける基盤を作っておきたくて在宅ワークをスタートさせたそうです。在宅ワーク歴はベテランですが、現在も新聞記事をタイピングすることで、入力スピードや構成力を磨き、スキル向上に努めているとのことです。

    一方、高野さんは、在宅ワーク歴は4年ほどで、文字起こしとデータ入力がメインです。在宅ワークを始めた後、自身のスキルに限界を感じて、埼玉県主催の在宅ワーカー育成セミナー スキルアップコース「取材ライター・音声起こしコース」と「チラシ制作・画像編集コース」を受講しました。今では、企業と直接契約をして音声起こしやライティングの仕事を請け負っているそうです。

    在宅ワーク相談会

    セミナー終了後は「在宅ワークに関するグループ相談会」が、パネリストの畔見さんと高野さんも加わり開催されました。
    少人数で相談しやすい雰囲気の中、在宅ワークに必要なパソコン環境や、お仕事の受注の流れについて積極的に質問があがりました。

    参加者アンケートより

    • 在宅ワーカーの良い所だけではなく、厳しさや実際の声を聞くことができて良かったです。(30代)
    • 資料やお話しだけでなく、在宅ワーカーの一日動画などでイメージがしやかすったです。(30代)
    • お話しして下さった方が、実際在宅をしていた方だったので、とても参考になりました。(30代)
    • 在宅ならば自分の都合に合わせて仕事ができるメリットはあるものの、自己管理が重要であるとわかりました。(50代)
    • 初めは小さな業務でも、様々なスキルや専門性を高めることで、仕事の幅が広がっていくことが具体的にわかりました。(50代)

    • イベントのご案内はこちらから


    Webからのお問合せ