埼玉県女性キャリアセンター

さいたま市中央区新都心2-2 ホテルブリランテ武蔵野4階
(運営受託:株式会社キャリア・マム)

電話でのお問合せ 0120-954-510

受付時間 9:00~17:00(平日のみ)
埼玉県女性キャリアセンター

さいたま市中央区新都心2-2 ホテルブリランテ武蔵野4階
(運営受託:株式会社キャリア・マム)

セミナー&イベントレポート

2018年5月31日 入門コース
開催レポート

日 時:2018年5月31日(木)10:00~12:00(グループ相談会 12:00~13:00)
会 場:埼玉県女性キャリアセンター
「With You さいたま」4F セミナー室
(埼玉県さいたま市)
参加者:131名

当日のプログラム

・講義「在宅ワークの基本ポイント」
(講師:株式会社キャリア・マム 代表取締役 堤 香苗氏)
・在宅ワークパネルディスカッション
(パネリスト:WEBSHOP株式会社 阿部さん、高山さん)
・在宅ワークに関するグループ相談会

5月31日(木)、「埼玉県女性キャリアセンター 在宅ワーカー育成セミナー<入門コース>」が開催されました。これから在宅ワークを始めたいと思う方、在宅ワークに興味のある131名の女性が、「With You さいたま」に集まりました。

講義「在宅ワークの基本ポイント」 
講師:株式会社キャリア・マム 代表取締役 
堤 香苗氏

まずは、堤講師により、在宅ワークの基本について説明がありました。 在宅ワークは雇用契約ではなく、業務請負契約なので個人事業主として仕事をすることになります。すべて自己責任であり、自ら仕事を取っていくのが特徴。
在宅ワークの最大のメリットは、自分の都合のよい時間に仕事ができるので、家事や育児と両立しやすいことです。堤講師は「例えば、夏休み期間は子供がいるから仕事をしないと決めたら、発注元に早めに相談すれば仕事量を調節できます」と話していました。自分や家族の都合に合わせた働き方ができるのが、在宅ワークの利点です。
セミナールームの隣には、リアルタイムにセミナーの映像が配信される「親子ルーム」が設置されました。お子さんと一緒に参加できるので、安心ですね。

在宅ワークパネルディスカッション 

次に、在宅ワーカーへの発注を行うWEBSHOP株式会社で代表取締役を務める阿部さんと、WEBSHOP株式会社で在宅の正社員として仕事をしている高山さんを迎えてのパネルディスカッションが行われました。高山さんは、埼玉県のビジネスマッチング交流会に参加してWEBSHOP株式会社とつながり、在宅ワークを行っています。
今回のパネルディスカッションでは、発注者と在宅ワーカー双方の立場から「在宅ワーク」について話を伺うことができました。

中小企業向けのホームページ制作や、チラシ・名刺など紙媒体の制作を行っているWEBSHOPでは、現在は正社員となった高山さんの他、5~6人の在宅ワーカーに仕事の発注をしています。阿部さん自身が在宅ワーカーであったという経緯もあり、「個人事業主として成長していく為に、自分が何年後どうなりたいのか、自分の人生に責任を持って常にビジョンを持つことを大切にしてほしい」とアドバイス。また、在宅ワーカー採用のポイントについて、「スキルはもちろん見ていますが、レスポンスのよさや人柄、やる気、責任感など、仕事に対する誠実さを特に重要視している」と話していました。
現在、WEBSHOPの正社員として在宅ワークをしている高山さんは、9時から16時までWEBSHOPの仕事を行い、その後は夫の家業を手伝う日々を過ごしています。紙媒体の広告デザインの経験を活かして「何かできないか」と模索し、在宅ワークを始めました。ビジネスマッチング交流会での名刺交換をきっかけに、後日メールなどでコミニュケーションをとり、受注につなげていったそうです。「在宅ワークは直接会って話ができないので、メールの返事はこまめにし、不明な点はすぐに確認するように心がけています」と話す高山さんに、会場の皆さんもうなずいていました。

在宅ワークに関するグループ相談会

セミナー終了後の「在宅ワークに関するグループ相談会」は、パネリストの高山さんと、本事業の修了生である先輩在宅ワーカー、在宅ワーク相談窓口の相談スタッフが、参加者からの質問や相談に応じました。
「ビジネスマッチング交流会での自己アピールの仕方についてよくわかりました。経験者の方のお話は、とてもためになりました」「より具体的に話を聞く事ができてよかった」などの声がありました。

参加者アンケートより
  • 心構えをハッキリと教えてくださったので、大変心にひびきました。(30代)
  • 在宅ワークの全体像がわかってよかったです(40代)
  • 厳しい話も聞けて、身がひきしまりました。(30代)
  • 実際に”生”の在宅ワーカーのお話を聞くことができて、とても有意義でした。(30代)
  • まずは実際に始めてみることが大切だと思いました。(30代)